不動産を学びましょう

不動産とは何か

不動産とは何か 不動産とは何かですが、民法上では土地およびその定着物とされています。
文字の通り動かない物と言うことができます。
ちなみにこれ以外の物はすべて動産となるとされています。
具体的には土地は物理的に動かすことができないし、建物についても動かすことは困難ですので不動産という扱いになります。
一般的には土地建物という認識で扱っていますが、民法上では土地の定着物という記述があり、これが少し特殊になります。
定着物という物については、建物や登記がされていない立木、立木法によって登記された立木、財団が該当し、これら以外でも土地の定着物と評価された場合は不動産という扱いになります。
この中で立木と財団は少し特殊な扱いになります。
立木は単純に木のことを言います。
これを登記されていない場合と登記されている場合で扱いが異なりますが、結局はどちらも動かない物という扱いになります。
また、財団については、工場などを一塊にしてまとめて権利化することで取引の対象にしてしまう制度です。
通常土地建物以外では使用しないので、これらが何かと言われると分かりにくいものですが、一般的には土地建物であったり、動かないものであったり程度で充分です。

事業用不動産の売却方法とは

事業用不動産の売却方法とは 居住用も事業用も売却する際の流れは同じです。
不動産業者へ売却を依頼し、不動産会社が購入者を探し契約し引渡しとなります。
事業用不動産は収益を目的として投資家などが所有しているものですので、居住用とは違った視点で売却方法を検討することが必要になります。
居住用不動産の価格は需要と供給である程度決まりますが、事業用の場合利回りなどを計算し金額を決定していく必要があります。
利回りというのは物件からいくら利益を得ることができるのかの1つの目安です。
尚、売却方法で最も簡単で効率が良いのは業者に売却することです。
良い物件で収益が上がるのであれば買い取ってもらえる可能性は高いです。
ただし、金額は通常売却するよりは下がります。
あとは、事業用に強い業者を探す方法です。
業者においても様々で賃貸仲介や売買仲介などそれぞれ強みも持っている場合が多いです。
今は収益物件用のポータルサイトもありますしそちらで一括見積を行うことも可能です。
またポータルサイトに物件を掲載できるのは審査を通過した業者ですので安心かつ実力がある業者と言えます。
これら以外にもまだまだ方法はありますので、調べて活用し、なるべく高値で物件が売却できるよう努力していきましょう。

不動産関連サイト

金町や亀有、柴又、京成高砂エリアの不動産

金町 不動産