不動産を学びましょう

不動産を賃貸するときの基礎知識

不動産を賃貸するときの基礎知識 不動産の賃貸といった場合、テナントや土地、戸建、マンション等などのケースがあります。
広く認識され利用されている不動産としてはマンション等が該当し、まず、基礎知識として契約の流れを理解しておく必要があります。
物件を借りる際の流れとしては、申込、申込書の記入、申込金の預入、入居審査、正式契約があり、他の物件からの退去がある場合には、契約が正式に決まってから退去通知を出すことになります。
基礎知識で最も重要な点に賃貸借契約書があります。
契約の際には宅地建物取引主任者、いわゆる、宅地建物取引士から物件に対しての重要事項説明が行われ、説明は法的に定められていることを理解し、内容を十分に確認した上で記名捺印をする必要があります。
賃貸借契約書のチェックポイントには、主な項目として、契約期間と更新の定め、賃料の管理費の額・支払・滞納時のルール、敷金等、反社会勢力の排除、禁止事項、修繕、貸主側からの契約解除、借主側からの契約解除、現状回復とその費用、特約事項があります。
特に原状回復に関しては考慮をしておく必要があり、現在、法的な指針は定められたものの、退去時のトラブルを避けるためにも、できれば入居前の写真を撮るなどで対応をしておくことが大切です。

不動産を所有するメリット

不動産を所有するメリット 不動産を所有することには様々なメリットが存在しますが、その中でも最も顕著なのが、比較的安定した収入が得られることです。
会社や店舗の経営などでは事業の不振や経済状況の悪化により収入が不安定になることもしばしばですが、不動産収入は物件を借りる人物からの賃料によるため、借主が存在する限り定期的な収入があるのです。
またこの賃料収入はそれぞれの物件の種類や特徴によって、それぞれのメリットが存在します。
例えば工場や倉庫などといった設備では、個人ではなく会社単位で貸すことが多く、また雑草の除去などといった敷地内の整備も最低限で済むため、比較的高い収入を見込めます。
またオフィスや商業ビルなどといった物件では、駅や繁華街に近いため借り手が多く、また部屋ごとに貸すことができるためより多くの収入を確保することができます。
そしてマンションやアパートにおける最大のメリットは、入居率、つまり借り手の数を維持しやすい点にあります。
空き室ができてもすぐに補充がされるため、長期的に安定した収入源となるのです。